年収400万台のサラリーマンでも始められる 地方競馬 馬主講座 ~JRAとNARについて~

馬主

皆さんこんにちは 仲尾です

今日も始まりました

年収400万台のサラリーマンでも始められる

地方競馬 馬主講座ということで

地方競馬の面白さとか地方競馬でどういう風に

サラブレットを持っていったらいいのか

っていう所についてお話しさせていただいております

今日も宜しくお願いします

まず自己紹介です

仲尾と言います 地方競馬歴は5年です

昔から競馬が好きで

5年前から馬主の免許を取りやっております

サラリーマン時代取った馬主の免許で 今もう5年目ですね

主な主戦場は名古屋 南関東とか

あと北海道です 道営競馬の方でやらせて頂いてます

本当に大した大きなレースも勝ってないんですけども

まあ楽しく5年間させて頂いてますので

それまでの経験とかこれから始めたい方に

わかりやすく伝えられたらいいなと思っています

今日話ししますのはですね

JRAとNARについて お話させていただこうと思います

よく競馬って聞くとJRAでしょう みたいな 普通の人がね

わからない人からすると

競馬のイメージってやっぱりJRAなんですね

我々が持ってるのはNARってとこになります

何が違うのかちょっとお話していきたいなと思います

JRAはよくCMやってると思うんですが

日本競馬協会と言いまして

japan racing associationという名称の団体でございます

何が違うかというとまず審査のハードルが違うんですね

例えば所得であると

過去2年間いずれも1700万円以上なので

おそらく総支給でいくともっと大きい金額 要は課税所得

要は頂いてる給料から控除を引いて残る金額なので

もう少し高い年収の方がなれます

個人以外の組合もあるんですけど

個人だけで言うとこういった事例があります

あとは継続的に保有する資産が7500万円以上なので

ちょっと普通にサラリーマンでは難しい

だからサラリーマンの方はJRAの場合は

一口馬主ですね

1/500とか1/200とか

そういうのを買ってやっています

では我々の持ってる地方競馬は

どうなのかっていうところですけども

NAR 地方競馬全国協会という所でございます

national association of racingという名称で

基本的には馬主の方 地方で免許を持ってる方

なので地方と そもそもJRAは免許が違います

ただ地方だけでも まずは馬主さんて

登録している馬主さんの数は4628名

これが平成31年4月1日現在のデータです

で サラブレッド

登録してるサラブレッドの数はというと10437頭

おおよそ一人の馬主さんが

2~3頭の競走馬を持ってる形になりますけれども

実際問題で行くと一人の方がすごく持っていて

一人の方は持ってないとか 1頭とか

そんな感じの分布図になると思います

そういった形で所属が違うってところもありますし

後は年収の所得条件については

NAR 地方は基本的にひとつしか書いてないです

書いてあるのは所得に関する

過去2年いずれも500万円以上 というところで

年収500万円以上あれば 地方で競走馬の免許は取れます

所得が500万円以上ですね

勿論 組合とか法人とかも取れますし

組合であれば 所得300万円

大体年収400万円台の方が3人以上集まれば なれますので

そういった形で地方競馬のハードルってかなり低くなってます

大きく稼ぐのではなく

まずは なれるって言うところで

地方競馬を初めてみてもいいじゃないかなと思います

はい今日は以上です

本日もありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました