年収400万台のサラリーマンでも始められる 地方競馬 馬主講座 ~かかる費用~

馬主

皆さん こんばんは 今日もやってきました

年収400万台のサラリーマンでも始められる

地方競馬 馬主講座というところで

今日も楽しくお話ししてきたなと思います

今日のテーマは 収支について

お話していきたいなと思います

かなりタブーなところもありますので

関係各所に怒られない程度で

話して行きたいなと思ってますので

是非皆さん ご参考になればいいなと思ってます

自己紹介ですね

地方競馬で5年やってます

今 名古屋とか浦和とか

あとは道営 北海道競馬の方で楽しくやっております

全然大した大きなレースも勝ってないですけども

楽しく5年間馬主をやってます

今日はですね

禁断のテーマ 地方競馬馬主 かかる費用はいくら?ってところで

収支についてお話していきたいなと思ってますのでよろしくお願いします

まずは最初にかかる費用

免許取れた方 じゃあ次どうするのか

競走馬買わなきゃいけないので

ただ競走馬買う前に

まずどこの競馬場に預けるかだけは

決めといた方がいいかなと思います

そこによって買う金額とか買う馬のグレードとか

あと自分がどのレベル感でやるのか

例えば手堅くやりたいのか

それとも大きなレースを狙いたいのかによって

全く買う競走馬とか予算が変わってくるので

その辺りは好きな方を選んで頂ければいいのかなと思います

ただ皆さんは強い者だろうが弱い馬だろうが

まず競走馬買わなきゃいけないので

かかる費用は まず競走馬一頭の代金

これ共同で持つ場合もありますので 共同で持つ場合は

共同の割合を決めて共同で所有します

プラスその馬はどこにいるのか

例えば新馬で買ったの中古 古馬を買ったのか

それによって違いますので

その選び方ですね によって

例えば南関東の馬を名古屋に連れてくるのか

名古屋の馬を北海道に連れていくのか

北海道の馬を南関東に連れてくのかによって違うので

それは各調教師の先生に聞いてみてください

かかる費用としては

この2種類ですね 馬の代金と

その馬の輸送費がかかります

次にじゃあ競走馬を持った場合

毎月かかる費用ってのは何か

まずそれは競走馬の預託費という形になります

この預託費も

全国の競馬場 全国の調教師さんによって

値段が違います なのでこれも

今預けようと思ってる調教師さんに

毎月いくらぐらいかかるのかってのも金額も確認してください

基本的にこの預託費を払うだけでいいです

毎月明細が来るので

その明細の金額を払っていくような形になります

払うのはいいけど

じゃあ僕らの収入

馬主の収入ってなんなのかっていうことで

馬主の収入にはですね基本的に二つあります

一つはまずレースの賞金で

レースについては

各 インターネットとかのレースの情報サイトに

賞金出てると思います

例えば南関東だったら一着100万とか

名古屋だったら30万 50万とか出てるんですけども

おおよそ それの8掛けが皆さんの手取りになります

それプラス実は参加費の意味合いのあるような出走手当とか

地元の調教ジョッキを使うことによる

地元のジョッキーを使った手当とか

そういう形で手当がいくつかありますので

賞金プラス手当

で勝てなかった場合は

例えば1着から5着まで賞金もらえるんですけど

5着入れなかった場合は競馬場によっては着外手当が出たりとか

という形で収入がありますので

今レースさえ走れは基本的に何かしらの収入があります

1番馬主として困るのは怪我をしてしまった場合

っていうのはレースに出れないので

収入が稼げなくて休ませてる状態

これが馬主としてはなかなかちょっと厳しい

ただ馬にとっては休ませなきゃいけない時期もありますので

そういった意味では必要な休みなんだけど

まあ馬主からすると収入がないっていう

ちょっと残念な期間になる可能性ありますけども

その後勝ってくれればいいかなと思うので頑張って欲しいなと思います

ということで馬主の支出は

毎月の預託費

収入については

賞金+諸手当を毎月プラスとマイナスを掛け合わせてみます

黒字の月もあれば赤字の月もあって

1年間でトータルしみていくらだったかいうのもありますし

そういった形で収入を見ていっております

競馬場によってもちょっと預託費が違うので

ちょっとね金額で説明してあげたかったんですけども

ちょっとできなかったんですけど

収入と支出

どういうものが収入になって

どういうものが支出になるのかついてお話をさせていただきました

今日は以上です

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました