シェアハウス物件 どういう設備を 置かなきゃいけないのか?

シェアハウス

こんにちは 仲尾です

今日もシェアハウスの基礎知識について

お話をしていきたいなと思います よろしくお願いします

今日は シェアハウス物件で どういう設備を

シェアハウスに置かなきゃいけないのか

ということでお話していきたいと思います

リフォームの話は別でお話はしてきたんですけれども

その中で優先順位をつけなきゃいけないわけですね

皆さんリフォーム代が無限にあるわけでもないですし

そういった中で例えばどの順番で

どの設備が一番優先順位があるのか

ということについてお話しできたらなと思います

まずシェアハウスについてですけども

毎度毎度お話ししますけども シェアハウスとは

自分の部屋と別で共有スペースを持った賃貸住宅のことを言います

共有と交流を楽しんで日本人 外国の方色々な方が住んでいます

その中でシェアハウスの入居者のメリットとすると

毎月の費用が共有することでお値打ちに

抑えられるということがメリットになってます

シェアハウスの設備を語る上で

大きく二つに分けなきゃ

本当は大きく三つに分けなきゃいけないんですけど

ひとつは専用部 要は個室ですね

個室の中の設備

もう一つは共用部に関する設備 この2つです

本当 大きく分けると外回りもそうなんですけど

今日は部屋の中の2種類の場所について話していきたいなと思います

国土交通省のデータですけども

まず部屋の中の設備 専用部の設備ですね

個室の設備 1位は

まずコンセント コンセントを必ずおいてください

部屋を割ったりとかすると

元々コンセント一つしかなかった部屋を二つに割ってしまうと

コンセントない部屋が生まれてしまいます

今は本当スマホとかipadとかありますので

そういった中で充電できなくなってはいけないので

理想でいくと一部屋に付きコンセントは二カ所

二口のコンセントが二個なので四個以上充電できると良いと思います

またリビングについてもお話しますけども

コンセントはたくさん取れるなら取っておいてもいいかなと思います

続いてエアコンもこれも設備的に98%

ほぼほぼエアコンついていない部屋というのは無いので付けていきましょう

あと照明ですとかベッド クローゼット

お布団は用意しなくていいと思います

ベッドだけでいいと思います

クローゼットとか収納はあるといいと思います

収納が少ないと逆に不満が出るので

退去されやすくなってしまいますけども

こういった形で収納を増やしておくといいかなと思います

続いて共用部になります

共用部はリビングとかそういうたところですけど

置いてほしい設備 90%は

電子レンジ 洗濯機 ダイニングテーブル

冷蔵庫 炊飯器 下駄箱 食器 テレビ

無線ルーターもそうですけど必ず設備としておいた方がいいと思います

うちの講座でもチェックリスト作って配ってるぐらい

この辺は必ず置いてくださいねと話していますが

結構炊飯器なんかは1Rから転居してくる人だと

一人一炊飯器持って来られると

炊飯器だらけにはなってしまうんですけども

この辺りも状況見ながらでいいと思います

ただゼロは駄目なので

最初はちょっと少なめぐらいでいいのかもしれません

こういった中で共用部の必要なところの設備はこんな感じですね

本当に共用部はみんなで使えるようなものが使える状態

個室についてはプライベートが静かに過ごせるようなものが

需要として高いんじゃないでしょうか

ということで

今日のまとめになります

まずは こういった需要とかね形式を知りながらまず自分で作っていきましょう

でだんだん作ってると

こうしたほうがいいとか

あと入居者さんの声もありますし

最初の一戸目ってのは

どうしても100%に仕上げることはできないので

一戸オープンすると二戸目のときにかなり修正きいてきますので

そういった形で自分のこのオリジナルってやつを作ってみて

頂いたらいいんじゃないかなと思います

本当に加工方法によってね

無限大に広がりますので シェアハウスについて

なので皆さんの方で是非加工して

ナンバーワンのシェアハウスを作ってください

本日は以上です

本日もありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました