シェアハウス投資をいくらから始められるの?

シェアハウス

はい こんにちは 仲尾です

シェアハウスの基礎知識について

お話をしていっております

今日は 初心者はシェアハウス投資をいくらから始められるの

ということで

これもメルマガの質問の中に多かったんですけども

本当初心者 シェアハウスが初心者

もしくは不動産投資自体が

初めてという方に対して

いくらぐらいでシェアハウス投資ができるのかっていうことで

お話をしていきたいなと思っています

ぶっちゃけていくらかかるのか っていうところなんですけども

実はその金額というよりは

やり方によってかかるコストってのは違ってきます

多くはこの三つのやり方になります

一つ目はですね

転貸借方式 これは大方ですね

ほとんどのシェアハウス 実はこのやり方でして

民泊やってる方だと もう慣れ親しんだと言うか

聞いたことがある方式になります

二つ目は購入方式 これがよく言う

融資を使って買うっていうところになります

シェアハウス融資出るの? ってことですけど 出ます

僕も実際1億とか そういった融資のお手伝い

5千ぐらいまでは 融資のお手伝いさせて頂いたことありますので

融資については出ます

三つ目は

これから増えてくると思うんですけど

空き家を持ってる方とか

特に遠方だったりとかする方で

すでに持ってる物件でシェアハウスがやりたいなと

シェアハウスやりたい方の相談の中に多かったので

この三つのやり方についてね

一つ一つ攻略法についてお話をしていきたいなと思います

一つ目 転貸借方式ですけども

転貸借については これすごく簡単です

今日例えば皆さんが不動産家に行って

シェアハウスやりたいので

シェアハウス用の家貸してくださいって言って

不動産屋さんが紹介してくれたら

もうすぐにでも始められるようなやり方になります

戸建てだったらそんなリフォームもかからないので

本当に契約してから

2週間くらいあれば多分準備できると思うのでオープンできると思います

なので物件持ってる人と 皆さんは別ですね

これ転貸借という形になるので

皆さんがオーナーさんから家を借りて

月々いくらっていう賃貸借 普通のこれね 賃貸借契約書

ちょっと事業契約にはなるんですけども

要は普通に毎月家賃 例えば8万円 10万円

払うのでこの戸建て貸してくださいってことで

借りるのと同じやり方で借ります

ただこれポイントとすると

必ずシェアハウスにする という言い方

民泊の方もそうですけども

黙ってやるんじゃなくて

必ずやる ということを宣言して

契約書には書いてもらって借りたほうがいいと思います

後でもし言ってなかったり黙ってやるとトラブルなります

これ楽したい方が一番ダメなパターンは

もう物件探してきて ないからと言って

黙って借りて勝手に運営する これ1番ダメですね

これやってしまうと

契約もバレるとすぐ切られてしまいますし

不動産屋さんとの取引もしてもらえなくなるので

これは基本やっちゃダメ やってる方いますけど

やっちゃダメです なので

メリットとするとすぐ始めてコストも安く上がります

ただ おそらくですけど

普通に購入するよりも物件に出会える確率が

ちょっと悪いかなと思います

例えば世の中で戸建て賃貸で住むならいいけど

事業用はダメだよ って結構多いので

確率的には普通に買うよりも 1/3ぐらいの確率だと思います

シェアハウスできる確率ってのは

ただできなきゃお金払わなくていいのでリスクは少ないと思います

この転貸借公式ってものも

最初は皆さんどこかで苦労しなきゃいけないので

転貸借については最初苦労しますけど 運営し始めたら

いいビジネスモデルかなと思います

収入の少ない方でも借り入れればすぐ運営できますので

ローコストでこれでキャッシュ貯めて 購入に行くと

また運営していけば

転貸借でも運営していけば

銀行さんの信用は積んでくるので

事業計画も取りやすくなると思いますので

本当に第一ステップ

第二ステップぐらいでやるような事業形式かなと思います

二つ目は購入ですね

購入についてはもう説明特にいらないと思いますけど

要は買って運営するっていうところで

色々な買い方あると思うんです

不動産屋さんに行くとか 競売で落とすとか

そういったものもありますし

一番いいのは例えば知り合いの方が物件買ってくれとか

たまにあるんですけども

あとは自分で歩いてみて 空いてるね

物件の謄本上げて連絡するという方法もありだと思う

実際ウチの過去受講生の方もやって

県外だったんですけども

連絡取れて売っていただくことも可能でした

かなりお値打ちで買えたなと思います

なので購入方式については

ちょっと手間かかりますけども

これいいなと思う分に関しては進めやすいかなと思います

なので購入方式

銀行の融資使ってきますので

実は転貸借よりも本当はローコストでやることは

可能だと思います

これについてはまた違う動画で解説していきますけども

購入方式ってのは買って運営するという方式になります

どのぐらいの値段で買えるかというとまあ

基本的には万何百万円以内で買えた方がいいかなと思います

1千万超えてくると今度大きいものじゃないと回ってこないので

本当に500とか高くても7~800万ぐらいで

買わないと回らないかなと思いますので

なので最初の方は

本当に100万 200万の戸建てでもいいので

購入してもいいですけども

そのくらいだったら逆に

最初に転貸借始めた方がいいかなと思います

三つ目

すでに持ってる物件でやるやり方

これ気をつけて欲しいのは

その物件が あるからやりたいという方が多いんですね

シェアハウスやりたいわってことで

それ間違ってて

マーケティング上危険なんですよ

あるものを使うということは

その物件に価値があればいいんですが

価値というのは 僕が言う価値というのは

あくまでもに入居月にできるかどうか

運営できるかどうかの価値になるので

例えばこれが駅から30~40分も離れていたら

やめたほうがいいと思います

ただそれをもしお持ちだったら

やっぱりアドバンテージはあって

これを担保に駅近の物件を買うとか

そういった方法をした方がいいと思います

なのであるからと言って

活用しなきゃいけないわけではないです

ただあるものについてはこういう風に

例えば田んぼに出すとか

そういったことでフル活動していくのがいいかと思いますので

すでに持ってる もう物件でやるという方式については

よくよく考えてチャレンジしてみてはいかがかなと思います

まとめますと

まあ今まで三つのやり方についてお話をさせていただきました

自分がどれが好きなのかどれが得意なのかも選んでいただいて

オリジナルの方法を決めて行ってください

加工していくことによって

無限大に広がっていくことで

皆さんの資産は拡大していくと思います

はい本日は以上です

本日もありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました