シェアハウス 管理・運営の仕方

シェアハウス

皆さんこんにちは 仲尾です

今日はですね

シェアハウスの質問の中でも

また多かった

シェアハウスの管理運営の方法について

お話しさせていただきたいなと思います

シェアハウスは管理とか手間とか大変で

サラリーマンの方はできないんじゃないかって

ことで質問していただいた方もおられると思うんですけども

実際はサラリーマンの方でもたくさん結構管理やってる方います

オーナーさんとして運営をしてる方もいますので

どういう風にやって行ったらいいのかっていうことで

お話できたらと思います

シェアハウスについておさらいですけども

シェアハウスということで自分の部屋とは別に

共同利用できるスペースを持った賃貸住宅です

共有とか交流を楽しむために

外国の方 日本の方 若い方がたくさんお見えになっておられます

とはいえ最近シニアの方も多いので

50歳60歳70歳の方のお問い合わせも今

増えてるような住まい方になっています

入居者さんのメリットは

普通の1Rに比べて水回りとかリビングをシェアすることで

家賃を安く抑えたりとか

通常の家賃よりも更にいろんなものが使えたりとか

そういうことでたくさんのメリットがあるような

物件のことを言います

今日は管理運営の方法についてお話していきたいんですけども

どういった方法で管理運営ができるのか

ということでお話をしてきなと思います

管理運営の方法ですけども

大きくまあシェアハウス三つあると言われています

一つ目は自主管理

これが多分シェアハウスのイメージじゃないかなと思うんですけども

オーナーさん自身が管理者としてシェアハウスを運営する

これを自主管理のことを言います

あと管理会社さんにお願いする方法は有名なとこです

シェアシェアさんとかシェアパレードさんとかですかね

シェアハウスの管理会社さんに依頼をする方法

これは管理方式

あとはシェアハウス運営業者さんに

自分が持ってる空き家とか物件をそのまま貸す

月10万円だよということで貸す これはサブリースになります

メリットデメリットあるんですけども

実際皆さんがこれからやられてくんでしたら

自主管理か委託方式をおすすめしています

なんでかって言うと

シェアハウスやりたいっていう方は

多分物件を活用したいわけじゃなくて

シェアハウスをやりたいっていう気持ちがあるからだと思うので

自主方式 委託方式を使って頂いた方がいいかなと思います

自分でやれるよ とか

コストがちょっとかけられないものに関しては自主管理を

コストかけてもきちんと運営して行きたい人

外注にしたいなと言う人は 委託管理

この方式をお勧めしています

サブリースについてはどっちかって言うと地主さんとか

空き家持っている方が

そのまま 運営してくれる人に借りてくれればいいわ

ってことでやってる形になります

自主管理は

皆さんが賃貸人 貸す側となりますけど

賃貸人が賃貸借契約を結んで

賃借人 入居者さんと

契約を結ぶのが自主管理になります

委託管理というのは

皆さんが運営事業者さんを使って

運営事業者と管理委託契約を結ぶ

大体シェアハウスって ちょっと管理料が少しね高いんですよ

20%とか15%とか

そういった形で毎月の家賃から取られますけれども

その代わりすべて手間がなくなる

これちなみに1Rの業界 賃貸の業界ですと

大体 4%~6%ぐらいが相場なんですけども

手間とか やっていただく作業は多い分ちょっと高くはなってます

今シェアハウス 利回りが高いので

それでも利益出る物件は多いのかなと思います

委託方式は皆さんと入居者さんが賃貸借契約を結ぶんですけど

その間として管理会社さんが入るようなイメージになります

最後 サブリ―ス

これあくまでもシェアハウス会社さんと入居さん同士が

管理賃貸者契約を結んで

あくまでも皆さんは物件を事業者さんに貸す となりますので

この三つ名前は似てるんですけども

やり方が全く違うのでここきちんと理解して

貸さないと後でトラブルになったりとか

説明したのに・・っていうことになりますので

是非ご理解したければいいかなと思います

細かいやり方については違う動画で

解説していきたいなと思うんですけども

今日は管理の方法あとサブリースについて

お話しさせていただきました

まとめますと

入居者を想定しながら作るのが一番いいと思います

自分の物件にはどれがいいのかな どういう層なのか?と

どれがいいということよりも いろんな方法を知ってもらって

ケースバイケースで対応していただく方が良いかなと思います

本日は以上です

本日もありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました