不動産オーナーからみた”シェアハウス”ってこんな感じ

シェアハウス

こんにちは 仲尾です

今日はすごく初歩的な内容になりますけども

不動産オーナーから見たシェアハウスとはどういうものか

というところで

これからシェアハウスをやりたい方とか

やろうかなという検討されてる方にですね

シェアハウス こんなもんだよ ということでお話をしていく

動画になりますのでよろしくお願いいたします

まずシェアハウスってそもそもどういうもの?

ということなんですけども

シェアハウスとは自分の部屋とは別に

共同利用できるスペース

共用部を持った賃貸住宅のことをいます

共有と交流を楽しめる新しい形の住まい方ですね

それらを提供する賃貸物件になります

入居者さんのメリットはですね

シェアハウスは通常のアパートに比べて

賃料が割安もしくは通常のワンルームと同じ

家賃でそれ以上の付加価値を感じることができるのが

入居者さんからもメリットになっています

物件のイメージですけども戸建てのイメージだと思ってください

最初の方は戸建て 大体2階建てとか

3階建ての戸建てでスタートする方が多いと思いますので

今日は戸建ての物件をもとに説明していけたらと思います

だいたい 1階に玄関があって

1階リビングがあって 中には1階にお部屋があって

2階もお部屋があるよと

こういった形で5人ぐらいで住むような形の間取りになるかなと思います

水回りとか洗面所 浴槽なんかは通常のものになりますけども

まあこういった形で入居者さんが楽しく住めるような

賃貸の住まい方でございます

次アンケート調査を見てみます

これは国土交通省のデータになりますけども

まあ男女比は大体女性が多いかな

年齢層で言いますと大体20から30歳未満の方が56%

30から40歳の方が33%と

大半の方が大体20代から40代の方になると思います

僕が運営しているシェアハウスの方も

40代までの方で入居者さんを絞ってます

これ年齢層があんまりバラバラすると

入居者の方もコミュニティーを作りづらかったりとか

ちょっと安心感がなかったりとかになってしますかね

年齢層揃えるのもいいかなと思います

逆にちょっとシニアの方が最近シェアハウス

やってると 問い合わせ増えてきているので

シニアさん方向けのシェアハウスについては別でやった方がいいかなと思って

皆さん自体が2棟目すぐやりやすくなる

お客さんの層を持ってるので

お客さんのリストを持っていれば

その次の物件やる時も銀行さんの融資がひきやすかったりするので

物件についてもまず最初は20代から40代の方を

ターゲットにしたシェアハウス作って

2戸目にシニアの方っていうこともありかもしれません

入居時の収容形態について

シェアハウスってフリーターの方が多いような

イメージあるんですけども

実はそうではなくて

半分以上はやっぱり会社員の方になりますし

非正規社員の方も大体2割ぐらい

あと個人事業者ですとかフリーターの方とか

アルバイトの方もこのあたりになってきますけどもやっぱり普通に

お勤めしてる方も多いので

この辺りはもう本当に取りっぱぐれと意味では

リスクはないのかなというところでございます

違う動画で説明しますけども

賃貸保証会社の方でも保証をやってくれるので

そういった中ではあんまりリスクも少ないかなと思います

といった形でシェアハウスの今のアンケートをお見せさせていただきました

まとめに入りますと

まずはこういったデータを知って

シェアハウスっておおよそこんなものって

あてを作っていただくのが一番大事かなと思います

ただ 今日お見せしたデータを鵜呑みにするんじゃなくて

それを皆さん運営者さんが加工して

私の地域の物件はこういうのがいいんじゃないか

仮説を立てて

営業されていくのが一番いいと思います

このままやったからこのままやればいいんじゃない

そういうことじゃなくて

今もあくまでも一般的なシェアハウスのデータ

なのでそれを皆さんの地域はこうだとか

僕のシェアハウスはこうだ

みたいな形で加工していくことによって

あなたのシェアハウスのウリができたり

差別化できるポイントがたくさん出ると

いいんじゃないかなということで

今日話したのはベースです

加工によって無限大に広がっていくことができます

ということで

今日のシェアハウスについての話は以上です

本日もありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました