シェアハウス家賃滞納を防ぐ方法

シェアハウス

はい こんにちは 仲尾です

今日はシェアハウスの家賃滞納を防ぐ方法はということで

お話していきたいと思います

これはね賃貸経営の場合でも話題になる滞納問題ですね

賃貸経営で普通のアパート経営ですと

その保証会社が入ればいいということかもしれないんですけども

じゃあシェアハウスはどういった対応で

防ぐ方法がるのかということで説明していきたいなと思います

まず滞納リスクの対処法についてですけども

やはりスタートが大事で入り口のところでどういった手を

売っていたかということになります

入ってしまった後でこの人滞納しそうだなってなっても

実際あまり打つ手がなくて 唯一打つ手とすれば

コミュニケーションをとるということです

滞納しそうな人って

やっぱりちょっとコミュニケーションが苦手だったりとか

あとまあお仕事されてなかったりとか

日中いる方だとちょっと気にして

ちょっと話しかけて行った方がいいかもしれないです

まずは入居の段階で適時面接を行うこと

これ最近シェアハウスで面接を行ってない物件もあるんですけども

管理会社さんに任せているんだったら

管理会社がたぶん面接されてると思うので

面接といってもマンツーマンでしっかり場所を取ってというよりは

案内の時にコミュニケーションを取って色々ヒアリングするとか

そういったのでも大丈夫なんですが

話ができる方できない方っていると思うんですけども

そういった方々だとちょっとやっぱ不安なところはあって

僕も過去1回滞納されたことがあるんですけど

ちょっとコミュニケーションが苦手な方が多いと思います

全般ではないんですけども比較的そういう傾向があるという意味です

なので保証会社さんとか連帯保証人ってあるんですけど

まずは面接でその方自身はどういう考えでここに来たのかと聞いてみるといいと思います

空室に困ってくると実はここの面接が緩くなってしまうので

ちょっと早く入居付けていくことによって

物件の価値を上げて面接を慌てない

管理側オーナー側がこの人でも入れちゃえ

みたいな感じにしないことがポイントだと思います

あと二つ目はもう連帯保証人をつけるです

この連帯保証人はやっぱり親族の方が一番いいと思います

あと連帯保証人の関係ですね

ちょっとよくあるのが連帯保証人に何かあった時に

友人だと知らない とかなってしまうので

やっぱご親族がいいかなと思います

はいあと三つ目 保証会社さんつける

これも最近実はシェアハウスの保障商品ってたくさんあるので

昔はCasaさんだけとか

だいたい年間1万円くらいですかね

保証料払うと入れるものがたくさんありますので

これは皆さん合ったもので結構だと思います

面接をきちんと行うことと

保証人つけるもしくは保証会社さんつけるなんですけど

これらのことを行っていれば

大体手が打てるわけですけども

じゃあ連帯保証人どのくらいつけてるんだっていうとこですけども

連帯保証人については大体36%

1/3は連帯保証人をつけている物件になります

あとは保証人つけていないのは大体5割くらい

なんでこんなことが起こるかっていうと

初期費用が安いのがシェアハウスのメリットなので

ここであんまり取ってしまったり

保証人がガチガチに規約ばっかりってなってしまうと

他の物件に行かれたりとかするので

まあちょっと横のね

他のライバルシェアハウスはどうだって見ていくことも大事だと思うんですけども

連帯保証については

だいたい1/3の物件が連帯保証人をつけています

続いて保証会社は大体1割五分17%ですね

17%のところが保証はつけてるので

今の35%と17%が組めると

2コに1コの物件は何かしたらの保証をつけて

入居者を促進しているということになります

裏を返すと半分の物件 保証人とか連帯保証人を付けてない物件も

まだまだあるということなのでこの辺りはね

自分の物件と近隣のライバル物件ってもあると思うので

その物件との比較ですね

多分うちの物件ちゃんと綺麗なのに保証人つけないっていうのは

つけたほうがいいと思いますし

うちはちょっと入居者層が違うんだってことであれば

ちょっと差をつけるって意味でもいいですし

似たようなクオリティの物件だとやっぱりこういうところが

細かいところ最後勝負になるかもしれないので

この辺りは把握して行った方がいいかなと思います

むしろ皆さん心配されるんで

つけたいのは分かるんですけども

つけることによってハードルが上がってしまうので

そのハードルをいかに避けるかと意味ではやっぱり皆さんね

そのあたりはよく見た方がいいかなと思います

ちなみにその保証会社さんで保証される内容というのは

家賃と原状回復

これほとんどシェアハウスにないんですけども

部屋の中の物 住んでる部屋の中の物を壊されたら

原状回復費用 補修してくれるよ という意味になります

また共用部の家具家電の破損盗難及びこの辺りがですね

保証会社の範囲なりますのでちょっと高級なもの入れてると

保証会社が入った方がいいとか

ちょっと属性の高い方に入ってほしいという意味では

保証会社が入るのはいいかもしれません

まとめますとケースバイケースですね

入居者さんがどんな方が入るかによって

保証の内容 保証の具合ですね

決めて行った方がいいかなと思います

一律にこうだからこうっていうものではなくて

ケースバイケースでフレキシブルにやっていただいた方が良いかなと思います

本日は以上です

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました