シェアハウス内の6つのトラブル⑥~迷惑行為編~

シェアハウス

はい 仲尾です 今日はですね

シェアハウス6つのトラブル対応について解説しているんですけども

今日はその中の迷惑行為についてお話をしていきたいなと思います

迷惑行為 大体入居者さんが他の入居者さんにする迷惑行為が多かったですね

まぁここもですね

ワンルームでもたまにあるお話なので

シェアハウスだから特有とかではなくて

一般論として聞いていただければいいかなと思いますので

今日もよろしくお願いします

ではシェアハウス 6つのトラブルがあると私は思っていますけれども

家賃の滞納ですとか契約違反行為とか

あと善管注意義務違反 迷惑行為 クレーム対応とか 緊急対応

こういうところで大体トラブルが起こりやすいので

この辺は手を打っておいた方がいいと思います

準備しておくに越したことはないので

今日はその迷惑行為ですね

ちょっと話をしていきたいと思います

迷惑行為と聞くと 音がやっぱり多いかなと思うんですけども

シェアハウス 中には残念なんですけども

盗難とかですね

無断来客 誰のお客さんか分かんない人が来たりとか

またシェアハウスのエリアによっては

このエリアは入っちゃだめだよ と 一般の人ダメだよ と

ウチだと例えばリビングはオッケーだよとか

そういう風にしてるんですけども

そういった形でちょっとトラブル入ってきたりとか

あと共用部の汚損破損とか

残念なこと過去あったのは

自転車を持ってる入居者さんが

車持ってる入居者さんの車に自転車をぶつけてしまったとか

立てかけていて倒れたんですけども車をへこましてしまったりとか

こういったこともちょっと過去あったんですけども

トラブルはいっぱいあります

人間生きてるんですから仕方ないことなんですけども

じゃあ起きた時どうしたらいいのかと

あとゴミ出しね ゴミ出しをやらないとか

中にはシェアハウス当番制のものもあるんですけど

当番を無視してやらないってやってしまったら

ルールが壊れてしまうのでそういったところでね

トラブルは結構起きかねないです

対応策とするとどうするかっていうと

やっぱり入居時の最初にどうするかというところで

やはり共通しているのはハウスルールを徹底的に読んでもらう

読み合わせする 理解してもらう これ一番大事で

その次にやっぱり外国人入居者の場合は

ゴミ出しはやっぱり絶対トラブル起きると思って

対応したほうがいいと思いますので

最初の1週間とか1か月は気にしてあげて

声かけてあげて

ゴミとか後で教えてあげたほうがいいかなと思います

何度も言っていますが早めの対応ですね

早めの注意が必要かなと思いますので

こういうことに対してはもう本当に初期対応

これ大事だと思いますので気をつけてください

まとめになります

何度も言ってますけど

なってからでは遅いですけども

なる前の対応と もしなった時の対応について

この二つのパターンを考えていきましょう

気になった方はまた登録して頂けると嬉しいです

本日は以上です

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました