シェアハウスの入居者の退去手順について

シェアハウス

はい 皆さんこんにちは 仲尾です

今日はシェアハウスの入居者の退去手順について

お話をしてきたいなと思います

シェアハウス入居して頂いて

どれだけか住んでいただくと

必ず入居者の退去があるわけなんですけども

退去の連絡を受けてからスムーズに退去の連絡手続きしていかないと

立つ鳥ねやっぱり最後は綺麗に飛び立っていきたいですし

退去のトラブルが多いと今の入居者に対して

イメージが悪くなるので

こうスムーズに後腐れなくと言うか

またね卒業生だと僕は思っているので

また来てくれるような

良い関係をつくる退去の仕方について

お話をしていきたいなと思います

まずですね退去の連絡をもらったら何をするかというと

一つ目はまず契約書の確認です

どういう契約にしたか

例えば敷金がいくらあったかとか

また家賃の条件とか

毎月もらってると思うので問題ないと思うんですけど

もう退去の時に何か精算するものはないか等の契約の確認をします

その後精算金ですね

例えば敷金とかデポジットで返さなきゃいけない金額がある方はその計算をする

デポジットについては契約書の中に

例えば清掃代を入れてそこを差し引いて返しますって形もありますし

もうデポジットは全ていただきます

みたいな記載もあるのでそういうたところ

ちょっと契約書に書いてあるものを見るためのものです

あとはおおよそですけど 金額は

だいたいその壊れるものもあまりないので

だいたい分かってると事前に計算ができます

賃貸の場合はやっぱりこう部屋を見てからじゃないと

出た時の部屋見てからじゃないと精算ってできないんですけど

シェアハウスに関しては案外もう出来ちゃったりするので

精算金の明細書を先に作って持って行くのもいいかもしれません

あとよくあるのは退去あとの連絡先の確認

これ必ず確認しないと後で何かあった時とか連絡する時とか

忘れ物もそうですし お金をもし退去の時に何かお金がかかって

それを請求しなきゃいけないので

逃げられないようにしないといけないので

連絡確認について これは言い方だと思うんですよ

言いたくない方結構いるので

言っていただけるような環境を持っておくといいと思います

後に何か送らなきゃいけないんでとか

そういった形がいいかなと思います

何か後で送るので住所聴かせてください

みたいな形がいいかなと思います

あと当日 退去日の立会いなります

これは管理会社に任してあったらこれって全部やらなくていいんですけど

自主管理のオーナーさんなんかはこれ全部ね

皆さん自分でされると思うので立ち会って

シェアハウスに関してはぱっと見て基本的に何もなければお金もらう

ところないかなと思うのでささっと退去して頂いて

最後鍵を返してもらってありがとうございましたという形で

出ればいいのかなと思います

手続き的なところも話したいと思いますけども

立ち合う時特に気をつけなきゃいけないことになります

立ち合いは大きく二つ 残置物の確認

要は忘れ物とか物件のものなのか入居者のものなのか

きちんと分かるようにしておかなきゃいけないですし

あと現状回復についてもやはりどのくらい直すのか

僕はあまり過去ないんですが

その現状回復 壁床紙の張り替えもそんなにないですし

何回転かくらいは出来ると思います

唯一あったのが男性の方で

ベッド家具付きなんですけど ベッドに鼻血がついてベッドダメになったんで

ベッドの買い替えってことで1万円ぐらいだったんですけど

請求したことはあります

そんな形でそんなにトラブルをすることもないかなという印象ですね

あと精算をして鍵して手続きは全て終わりになります

こういった中でゴタゴタしたり

後で何回か確認しなきゃいけないことがあると

印象が悪くなったりトラブルの原因になってしまって

その方もそうですけど今いる入居者もこの物件怖いなとか

早く出た方がいいなと思われないようにしなきゃいけないのが

この体験のポイントになります

まとめに入りますと

まず 立つ鳥跡を濁さずということで

出る人もそうですし送る側も気持ちよく

出ていっていただきたいなと思ってます

卒業してね 退去者は卒業生なので

うちのシェアハウス 結構入居者がまた遊びに来たりとかするんです

なぜかっていうとこまめにコミュニケーションを取ってるからだと

思うんですけども

そういった中で気持ちよく出て行っていただいて

まだ来て頂いてもしかして紹介をしてもらえるかもわかんないですし

中にはまた帰ってくる人もいるかも分からないので

そういったことを考えながら

退去手続きをしていただければいいなと思います

はい本日は以上です

また色々細かい解説をしていますの是非ご覧ください

本日は以上です

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました