はじめに見る シェアハウスデザイン

シェアハウス

こんにちは 仲尾です

今日はですね

シェアハウスのデザインについて

最初は何を見たらいいのかということで

ご質問いただいたのでお答えしていきたいなと思います

よろしくお願いいたします

まずシェアハウスについて復習です

シェアハウスというのは自分の部屋とは別に

共同利用できるスペースを持った

賃貸部住宅のことを言います

共有と交流を楽しめる新しい住まい方でして

外国人 日本人の方問わず

今若い方にうけている住まい方です

入居者さんのメリットはですね

シェアハウスっていうのは設備をシェアすることによって

賃料も通常の1Rより割安にしたりとか

あと通常の1Rの家賃とは変わらないけども

1R以上の設備とか施設が使える

ということでメリットを感じて頂いてるような住まい方になります

シェアハウスについて5つのスキルは必要だよ

っていうことをいつもお話させて頂いてます

物件選びですとか 融資とかリフォームとか

入居者募集 あと入居者管理も

この5つのスキルは必要になってきます

この5つのスキルというのは

シェアハウスだから必要なんじゃなくて

多分賃貸経営をしている方は必ずこの5つについては

マスターしておかなきゃいけないノウハウなんです

けども昨今中古のマンションを買うと

ほとんどノウハウがないままスタートできてしまって

物件を買った後に困る方がたくさんいます

けどもシェアハウスについてはスタートから何もない状態から始めるので

この5つのノウハウというのは

先に学びながらできるということで

私は 賃貸経営やりたい方も

最初にシェアハウスやった方がいいんじゃないかな

ってことでお話しさせていただいてます

はい 今日は5つのスキルの中でも

一番必要なのはこのリフォームノウハウですね

リフォームでもコスト削減ということではなくて

どちらかというと見せ方 デザインの方になります

デザインとは ということで

東山公園のウチのシェアハウスのデザインですが

木を多めに使わせていただいて

暖かい感じのシェアハウスになっています

内装はリビング シアタールームやキッチンのダイニングあって

廊下や図書室もあります

また別の動画で解説していきたいなと思ってますけども

シェアハウスのデザインのポイントなんですけども

一番いいのはマネをするのが一番楽なわけで

何までしたらいいのかということですけども

ずばりマネしていただきたい三つのポイントと

三つの場所を今日話していきたいなと思います

ネしていただきたいもの マネするとすごく楽なもの

というのはこの三つです

一つ目はカフェ

飲食店もそう居酒屋さんもそうなんですけど

お洒落な内装のところっていうのはすごく参考になりますし

勉強しに行くぞ というよりは

食事とかご家族とかでご飯ついでに見れるので

効率的に勉強できるというか

デザインをマネ出来るという意味では

カフェとか飲食店 居酒屋さんはすごくオシャレです

あとちょっと男性の方は

行かないかもしれないんですけども

奥様とか子供さんいらっしゃる方は

美容室なんかもおすすめの内装っていうのは結構ありますし

美容室 カフェについては

20から40代の方の行きやすい所なので

そういった意味でデザインを真似するとすごくいいかもしれません

後はテーマパーク

これも結構参考になったりとかします

もちろんそのまま持ってきてはいけないんですけど

色の使い方 家具の置き方 デザインの仕方がすごい勉強になるので

こういう三つの所に行った場合は

やっぱちょっとスマホとかでね写真を多めに撮って

皆さんの知識の辞書にする方がいいかなと思います

行くぞ というよりは

ついでに勉強できるという意味では

こういう内装っていうのは

写真撮っておいた方がいいと思いますし

後々どこで使うかわからないにしても撮っておいた方がいいかなと思います

今日のまとめです

まずは形式を知るということ

こういうデザインは

勉強した方がいいんじゃないかってことだけ

今日話をさせいただきました

どのお店に行った方がいいとか

どういった所がいいかって事に対しては

またおすすめ動画で解説していきますけども

皆さんがこれから見に行ったところをぜひ参考にしてみてください

皆さんの知識を自分で加工することによって

無限大に広がります

それがまた差別化になったり

あなたのシェアハウスではこういうもんだよ

っていうことでまた本当に こう

ブランディングは少し安くなりますので

皆さん是非勉強してみてください

本日は以上です

ありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました