【シェアハウス】シェアハウス投資の2つの始め方

シェアハウス

こんにちは仲尾です今日はですね

シェアハウス投資の二つのやり方について

お話ししていきたいと思います

シェアハウス投資と言いますけれども

基本的な不動産投資と同じようなやり方になりますで

大きく二つのやり方があります

シェアハウスのはじめ方ですね

一つ目が 賃貸型 二つ目が

購入型になり

ます それでは説明していきます

一つ目は 賃貸型ですね

賃貸型というのは物件の所有者さんが別にいて

その方から物件をお借りするわけですね

お借りしたものを

あなた自身がシェアハウスに加工して

運営していくパターンになります

よく「転貸」という言い方をします

これはの民泊なんかをやられている方は

あまり

抵抗のないやり方かもしれません

オーナーさんから借りるだけでしょ

シェアハウスにすのか

民泊にするのかは投資家の判断でありますので

今不動産投資をやられている方がいれば

今やられているかたの運用の方法の違いで

運用方法が民泊なのかシェアハウスなのかイメージだと思ってください

もう一つ最近多いのが

物件所有者さんがご自分で運用したい

たまま活用したいとか

そういうことを相談を受けることがあります

誰かに運営を任せたいと

ご相談いただくことがあります

その場合はですね

管理収入とう言い方で、
入居者からもらった(シェアの場合)
家賃の10~20%を

あなたがオーナーさん代理で運用してあげるて受け取り報酬

を得るという方法がありますこれ本当にリスクが少ない

かなり少ないんですけれども

実入りが少ないなるパターンです。

メリットとしては資金が最初に用意できない方で

スタートしたい方向けの案件になります

二つ目ですねこう購入型になります

購入型については二つあります

現金の購入の仕方という融資で購入する

仕方になります普段から大きなアパート

ローンを使って当日している方からするとですね

融資を使わない方法って

あるの?っていうことを知られるんですけども

物件500万とか50万とか

買いやすい価格で物件を取得することがありますので

そういった場合は融資を使わず現金を使ってもライバルもね

取り合いを優先的に物件をしますのでも

購入する場合はあります

はい続いて融資については

一般的な地方銀行さんとか日本政策

公庫さんを使っている取得していくパターンになりますけれでも

融資型でスタートが向いている方は

資金に余裕のある方

最初のスタートアップの資金がですね

余裕がある方なんかは

こういった融資を使って

少し大きめの物件にチャレンジ

するといいかもしれません

最後にですねメリットデメリットをまとめてみました

メリットが青色で見ると赤字で書いております

賃貸型のメリットはやはり一番のメリットほど

資金が少なくねできるという本にあると思います

またですねこの 融通の幅が狭い

選択肢の幅が狭い。
貸してくれてるオーナーさんがいて

成り立つビジネスのですので

あまりその加工しすぎたいとか

あとその事業を辞める時に返さなきゃいけないので

返す時に返しづらいような物件を運用してしまうと

オーナーさんは最初の段階で

NGが出てしまうことがあります

購入型のメリットとしますと

やっぱりいいのは自分のサイトで物件の加工とかですね

デザインができるので融通がすごく効きますで

また売却益ですね

物件自体を普通に

不動産として売却をできることがありますので

しかも利回りは高いのでなかなかこういうのね

アパートとかでは出ないような利回りが出たりします

そこの最初の資金は

必要なるところが少しデメリットなるかもしれません

はい以上ですね今日はシェアハウス

投資の二つのはじめ方について

お話しさせていただきました。この動画ですね

今日見ていただいた皆さんありがとうございます

この度が気に入っていただいた方は

チャンネル登録またはご覧の方からコメント

ご質問頂ければ嬉しいです

今日はありがとうございました

コメント

タイトルとURLをコピーしました